うんこが硬くて出ない場合の対処法

2017年6月9日

スポンサーリンク

ウンコが硬くて出ない!!

f:id:kansouki:20170418193658j:plain

いきなり汚い話題でごめんなさい、先日家のトイレで大便をしようとした際、余りの硬さに「肛門の入口まではもう出ているのにウンコがでない!!」という体験をしてめちゃくちゃ焦ったので、その対処法についてまとめてみました

※慢性的な便秘の対処法ではありません

 

大便が硬くて出ない場合の対処法

これから紹介する方法は今まさに「ウンコが硬くて出ない!」と困っている方への対処法です、もう肛門間近まで来てしまっている便なので、いまさらヨーグルトを食べるとかそういう通常の便秘対策は通用しません、とにかく緊急の対処法です

 

絶対にやってはいけないこと

まず始めにウンコが硬くて出ないときに絶対にやってはいけないこと、それは「無理して力んで出す」ことです、まだ肛門の筋肉がほぐれないうちに無理して力んで出そうとすると、最悪肛門の皮膚が裂け「切れ痔」になってしまうかもしれません、「切れ痔」の苦しみは本当に耐えがたいものだそうです、絶対に強引に排出しようとするのはやめましょう

 

肛門の筋肉をほぐす

どんなに硬いウンコであったとしても、それが肛門を通らないサイズなんてことはまずありえません、しっかりと肛門回りの筋肉をほぐしていけばいずれは必ず出ます

 

出したり引っ込めたりを繰り返す

とにかくまず第1歩はここから!必要以上に力を入れずに「肛門付近まで大便を出したり引っ込めたり」という作業を繰り返してください、通常これをやると便の切れが悪くなるので普段は行わないのですが、今は緊急事態です、便が筒状になるようなイメージを描きながらぎゅっぎゅと繰り返し行います

ゆっくりと焦らずに5分~15分ほどこの作業を行うことで、肛門の筋肉がいい感じにほぐれていくと思います、自分の場合はさらに「指先で肛門まわりの筋肉をマッサージ」しながら行いました、上手くいけばこれだけで無事に排出することができます

 

長期戦を覚悟する

まだ出そうにない場合は一旦諦めて部屋の中を歩いてみたり、他のことをしながら(肛門の筋肉のストレッチは忘れずに)しばらくして、また便意が来たらトイレに行ってみて下さい

余裕があるのであれば可能な限り時間をかけて、長期戦を覚悟して臨むことが良いでしょう、もし時間に余裕がなければ1日程度なら完全に引っ込めてしまっても大丈夫です(自分はそうしました)、再度時間に余裕があるときにチャレンジしてください

 

指で掻き出す(摘便)

自分の場合は2日目にしてようやく出すことができたので良かったのですが、どうしても出せない場合は指をつかって便を掻き出す「摘便」という方法があります

この「摘便」を行う場合ゴム手袋などを装着して行うのが良いです、衛生面もそうですが指で肛門を傷つけないためにも、よほどの緊急時以外では手袋を用意しましょう、同時に指をスムーズに肛門に入れやすいよう「潤滑油」のようなものもあると良いです

やり方は人差し指又は中指(やりやすい方)を肛門に入れて便を探して掻き出します、2本以上の指を入れるのは危険なのでやめましょう

摘便後は肛門や直腸がめくれて外側にでてしまう場合があります、軽く触ったり鏡で見るなどして確かめて、肉のようなものがめくれていた場合は指で中に押し戻しておきましょう、そのままにすると「いぼ痔」になる危険性があります

 

肛門科へ行く

自分で「摘便」を行えない場合は肛門科へ行きましょう、どうしようもない場合はやはり最後は専門家にしっかりと対処してもらうのがいいと思います

 

最後に

これは体験した人じゃないとわからないかもしれませんが、「ウンコが硬くて出ない」というのは想像以上に焦ります、今トイレで必死に検索をしてこの記事を読んでいる人が「どうかスッキリできますように!!」