平均セッション時間より平均ページ滞在時間の方が長い理由は?

スポンサーリンク

 

平均セッション時間より平均ページ滞在時間の方が長い理由は?

 

 

 

 

 

 

運営するブログの一つがようやくポツポツと人に見られるようになってきたので、いっちょまえにグーグルアナリティクスの平均セッション時間とやらを気にしてみました

ちなみに自分のアナリティクスレベルはこの程度です

グーグルアナリティクスの使い方【超初心者向け】

こんな超基本的な使い方しかわからないド素人の自分が、なんとなくポチポチとアナリティクスを見ていると

 

平均セッション時間<<<平均ページ滞在時間

 

となっていることに気が付きました、ここで疑問

え?セッションって一人のユーザーがサイトを訪れてから帰るまでの単位だよね?

てことは複数のページを見てくれる可能性を考えたら

平均セッション時間>平均ページ滞在時間

になるんじゃないの?

 

う~ん・・・、謎すぎる!

「お前まだそんなこと気にするレベルじゃないから!くだらねーこと考えている暇あったら記事書け!」っていう正論が聞こえてきそうなのですが、何分気になったことは調べずにはいられない性分なもので、この疑問を解決すべくいろいろと調べてみました

 

グーグルアナリティクスの仕組み

まずこの疑問を解決するためにアナリティクスの仕組みを少し理解しておく必要があります

そもそも解析ツールというものはユーザーがなんらかのアクションを起こすことによってはじめて計測を行うことができるようです、ここでのアクションとはサイトへのリンクをクリックするという行為です

自分のサイトへ誰かが訪問すると

「お、誰か来たでー」

ということをアナリティクスは理解します、しかしユーザーがこのまま他のページを見ないで直帰してしまうと、次のアクション(他ページへのリンクのクリック等)が行われていないため、これ以上の情報は得られずにどれくらい滞在していたのかということはわからないようです

訪問してくれた人が自サイト内の他ページへのリンクをクリックするとその新たなアクションを計測し、最初のページが開かれた時間から次のページが開かれるまでの時間を計測し、そのページの滞在時間を割り出すことができるのです

 

平均セッション時間

さて、アナリティクスの簡単な仕組みを理解した上で”平均セッション時間”とはなんなのかを解説しましょう(上から)

まだこの段階では

平均セッション時間<<<平均ページ滞在時間

の疑問は解決できていませんね

実はアナリティクスでは1ページ(最初に訪れたページ)だけを見て直帰したユーザーがいた場合、セッション時間を0として計測します、これが原因で平均セッション時間が短くなるようです

つまり

・ページAだけを見て帰った

セッション時間 0

・ページAを見て、3分後にページBを見て帰った

セッション時間 3分

・ページAを見て、2分後にページBを見て、さらに3分後にページCを見て帰った

セッション時間 5分

となります、要は最後に見たページの滞在時間はどうやっても計測できないということですね

 

平均ページ滞在時間

それでは”平均ページ滞在時間”とはなんなのか?

ページ滞在時間はセッション時間とは違い、1ページだけを見て帰ってしまったユーザーをカウントしません、つまり計測できなかった情報は0とはせずにノーカウントとするようです

班長「ノーカンッ!ノーカンッ!」

ごね得ですね(違います)

要はそのページの滞在時間が測定できた場合のみに反映される数値ということになります

つまりはこれが原因で

平均セッション時間<<<平均ページ滞在時間

という図式が成り立つわけなのです

 

為になったねぇ~